出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ワ五(ハ四)]《「し」は動詞「」の連用形》
    1. ㋐続いていた物事を、そこで終わりにする。終業する。「仕事を―・う」

    2. ㋑商売などをやめる。廃業する。たたむ。「営業不振で店を―・う」

  1. 終わりになる。終わる。「予定より仕事が早く―・った」「今年は花見をせずに―・った」

  1. 使用したもの、大切なものなどを元の場所や入れ物などの中に納める。かたづける。「夏物を―・う」「雛人形を―・う」「胸のうちに―・っておく」

  1. 信用取引清算取引で、建玉 (たてぎょく) を転売または買い戻すことによって取引を完了する。

    1. ㋐ないようにする。なくする。

      「世の中には富(=富クジ)で身代を―・ふもあるから」〈黄・金生木〉

    2. ㋑精算する。特に、年末の決算を済ます。

      「留守のうちに手廻しよく、内証―・ひ置きけるとうれしく」〈浮・胸算用・五〉

    3. ㋒殺して結末をつける。

      「ほかに―・うてやる思案もあり」〈浮・二十不孝・一〉

    4. ㋓遊里で、一定の時間や紋日に揚げ代を出して遊女を買い切る約束をする。

      「あしたあの八右衛門めが―・って下の魞 (いけす) へ手めえを連れていくさうだ」〈洒・娼妓絹籭〉

  1. (補助動詞)主に動詞の連用形に接続助詞「て」を添えた語に付く。

    1. ㋐その動作・行為が完了する、すっかりその状態になる意を表す。「早く食べて―・いなさい」「所帯染みて―・う」「あきれて―・う」

    2. ㋑そのつもりでないのに、ある事態が実現する意を表す。「負けて―・った」「まずいところを見られて―・った」

[可能]しまえる

出典:青空文庫