出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. (定石)囲碁で、昔から研究されてきて最善とされる、きまった石の打ち方。

  1. (定跡)将棋で、昔から研究されてきて最善とされる、きまった指し方。

  1. 物事をするときの、最上とされる方法・手順。「―を踏んだ捜査手順」

出典:青空文庫