[動ラ五(四)]

  1. 物事ができ上がる。実現する。成就する。「ついに五連覇が―・る」「念願―・って一人立ちする」

  1. 今までと違った状態・形に変わる。「氷が水に―・る」「血と―・り肉と―・る」

    1. ㋐ある時分・時期などに至る。「夜に―・る」「結婚して一〇年に―・る」

    2. ㋑ある数値に達する。「積み上げると三メートルにも―・る」「全部で千円に―・る」

  1. ある働きをする。作用する。「不用意な発言が紛糾のもとと―・る」「将来のために―・る話」

  1. 許すことができる。許して、よいとする。「負けて―・るものか」「勘弁―・らない」→ならない2

  1. (「手になる」「筆になる」などの形で)その人によってつくられる。「名工の手に―・る茶碗」「空海の筆に―・る書」

  1. (「…からなる」の形で)全体がそれによって構成される。「前編と後編とから―・る」「組織は三部門から―・る」

  1. (「人の…になる」の形で)他からその恩恵を受ける。「先輩の世話に―・って就職する」「出先でごちそうに―・る」

  1. 将棋で、王将・金将以外の駒が、敵陣三段目以内に入ったとき、また、そこに打ったそれらの駒が動いたとき、裏返しになり、飛車・角行 (かくぎょう) は本来の働きのほかに金将・銀将の働きをあわせもち、他の駒はすべて金将と同じ働きをするようになる。

  1. 10 役や位につく。任命される。

    1. 「四位にも―・るべき年にあたりければ」〈大和・四〉

  1. 11 落ちぶれる。なれの果てになる。

    1. 「入道かたぶけうどする奴が―・れる姿よ」〈平家・二〉

  1. 12 酒が飲める。上戸である。

    1. 「さて、この鬼も酒が一つ―・るいやい」〈虎寛狂・伯母が酒

  1. 13 (「お…になる」「ご…になる」の形で)尊敬の意を表す。…なさる。「お休みに―・る」「ご訪問に―・る」

  1. 14 (中世以降、動作を表す名詞に付いて)非常に高い敬意を表す。…なさる。…になる。

    1. 「法皇、夜を籠 (こ) めて、大原の奥へぞ御幸―・る」〈平家・灌頂〉

[可能]なれる

出典:青空文庫

出典:gooニュース