出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. うずくまること。しゃがむこと。そんこ。

    1. 「其の近傍なる公園中に、―する者も、少からず」〈竜渓経国美談

  1. 貴人が通行するとき、両ひざを折ってうずくまり、頭を垂れて行う礼。また、後世、貴人の面前を過ぎるとき、ひざと手を座につけて会釈すること。

  1. 相撲や剣道で、つま先立ちで深く腰を下ろし、十分ひざを開き、上体を正した礼の姿勢。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉