出典:デジタル大辞泉(小学館)

世阿弥の能楽論で、修行を積んで至高の段階に達したのちの自在な芸の境地。闌位 (らんい) 。