出典:デジタル大辞泉(小学館)

ツユクサ科の一年草。道端に生え、高さ15~50センチ。葉は長卵形で、基部は鞘 (さや) となって茎を囲む。夏、二つ折りの苞 (ほう) に包まれた青い花をつける。花びらは3枚あるが、1枚は小さい。古くは花の汁を摺 (す) り染めに使用。ぼうしばな。かまつか。あおばな。あいばな。つきくさ。うつしぐさ。 秋》「―の露ひびきあふ岬の家/白葉女」

出典:青空文庫