[名](スル)動詞「もみ(紅葉)ず」の連用形から。上代は「もみち」》
  1. 晩秋に草木の葉が赤や黄色に色づくこと。また、その葉。こうよう。「美しく—した山」 秋》「山くれて—の朱 (あけ) をうばひけり/蕪村

  1. カエデ別名。また、その葉。

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は紅、裏は青。一説に、表は赤、裏は濃い赤とも。もみじがさね。

  1. 紋所の名。カエデの葉を図案化したもの。

  1. 鹿の肉。鹿には紅葉が取り合わせであるところからいう。

[日本史]の言葉

[その他の日本史の言葉]の言葉

[生物]の言葉

[植物名]の言葉

[生活]の言葉

[ファッション]の言葉

[季語]の言葉

[秋]の季語

[植物]の季語

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月