出典:デジタル大辞泉(小学館)

(フランス)impressionnisme》19世紀後半から20世紀初頭にかけて、フランス絵画に始まり、ヨーロッパに広まった芸術思潮。彫刻・音楽・文学にも及ぶ。自然や事物から受ける感動を忠実に表現しようとする。絵画ではモネルノワールピサロ、彫刻ではロダン、音楽ではドビュッシー、文学ではブールジェシュニッツラーらが代表的。