なに‐か【何か】 の意味

  1. [連語]
  1. 《代名詞「なに」+助詞「か」》
  1. 《「か」は副助詞》感覚・願望などの内容がはっきりしない事物をさす。「何かがありそうだ」「お茶か何か飲みたい」
  1. 《「か」は係助詞。感動詞的に用いる》
  1. ㋐相手の言葉・気持ちを確認しようとする意を表す。「それなら何か、君のほうが正しいというのだな」
  1. ㋑今まで述べてきたことや相手の言葉などを否定して、それとは反対の趣旨を述べるときに用いる。いやいや。とんでもない。
    • 「―。この歌よみ侍らじとなむ思ひ侍るを」〈・九九〉
  1. 《副詞「なに」+助詞「か」》
  1. 《「か」は副助詞》はっきりした訳もなく、ある感情が起こるさま。どことなく。なんだか。「何か気味が悪い」
  1. 《「か」は係助詞》
  1. ㋐疑問の意を表す。なぜ…か。どうして…か。
    • 「あしひきの山も近きをほととぎす月立つまでに―来鳴かぬ」〈・三九八三〉
  1. ㋑反語の意を表す。どうして…か、いやそんなことはない。
    • 「命だに心にかなふものならば―別れの悲しからまし」〈古今・離別〉

なに‐か【何か】の慣用句

  1. 何かせむ
    • ある行為をしても結局は何の役にも立たない、という気持ちを表す。何になろうか、何にもなりはしない。
      「思ふ事ならでは世の中に生きて―◦むと思ひしかば」〈竹取
  1. 何かと言うと
    • 何かと言えば」に同じ。「何かと言うと昔の手柄話をもち出す」
  1. 何かと言えば
    • 何か事があると必ず同じ言動をするさま。何かと言うと。「何かと言えば部下をどなりつける」
  1. 何か無し
    • 《「なにがなし」とも》「何か1」に同じ。「夕方になると何か無し悲しくなる」
      「子供等は―に嬉しそうに床に就いた」〈藤村新生
  1. なにかは【何かは】
    • [連語]
    • 反語の意を表す。何が…か、いやそんなことはない。
      「折にふれば、―あはれならざらん」〈徒然・二一〉
    • 反語の意を表す。どうして…か、いや…はしない。
      「葎(むぐら)はふ下にも年は経ぬる身の―玉のうてなをも見む」〈竹取
    • (感動詞的に用いて)いやいや。とんでもない。
      「いと賢うなり給へり、など言ふいらへに、―、いと異様(ことやう)に…など言ふも」〈・一八五〉