出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ下二]緒を通してつらぬきとめる。
  • 「玉乱る上葉の露は七夕の絶えせぬ糸に―・めて見む」〈出羽弁集〉