出典:デジタル大辞泉(小学館)

土星の環にみられる最も大きな隙間。1675年、イタリア出身の天文学者カッシーニが発見。のちに米国の木星・土星探査機ボイジャーにより、空隙内には地上からは観測できない20本以上の環があることがわかった。カッシーニの間隙 (かんげき) 。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉