出典:デジタル大辞泉(小学館)

Reserva de Desenvolvimento Sustentável Mamirauá》ブラジル北西部、アマゾナス州にある自然保護区。ソリモンエス川とジャプラ川の合流点近くに位置し、雨季に森林の大半が水没するバルゼアとよばれる地域に属する。ウアカリ、リスザル、ホエザルなど、オマキザルの仲間のほか、ナマケモノ、アマゾンカワイルカが生息する。2003年に「中央アマゾン保全地域群」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。主な観光拠点はテフェ

[地理/外国地名/中央・南アメリカ]カテゴリの言葉