出典:デジタル大辞泉(小学館)

群馬県北西部にある火山。標高2171メートル。南麓はかつて硫黄 (いおう) の産地としても知られた。鞍部となる逢 (あい) ノ峰 (みね) を隔てて白根山(草津白根)の南側に位置し、三山あるいは白根山との二山で「白根山」「草津白根」ともよばれる。

[補説]有史以来、噴火の記録はなかったが、平成30年(2018)1月23日に噴火を起こし、死者1名を含む人的被害が発生した。水蒸気噴火とみられ、顕著な前兆現象はなかった。

[地理/日本地名/関東]カテゴリの言葉

出典:gooニュース