出典:デジタル大辞泉(小学館)

室町初期、第3代将軍足利義満のころの文化。伝統的公家文化と武家文化の融合が進み、また、日明貿易などを通じ中国文化の影響を受けて水墨画五山文学が発達。義満が京都北山に営んだ山荘にちなんでこの名があり、義政時代の東山文化に対していう。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉