出典:デジタル大辞泉(小学館)

中世、ロシアの各都市に築かれた城砦 (じょうさい) 。
ロシア連邦の首都、モスクワにある城砦。12世紀ごろの創建とみられ、増改築を経て、帝政時代にはロシア皇帝の居城とされた。現在はロシア連邦政府の諸機関が置かれている。ウスペンスキー大聖堂ブラゴベシチェンスキー大聖堂アルハンゲリスキー大聖堂クレムリン大宮殿グラノビータヤ宮殿など、さまざまな時代に建造された大聖堂や宮殿がある。1990年、「モスクワのクレムリンと赤の広場」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。
ロシア連邦西部、ウラジーミル州の都市スーズダリの城砦跡。11世紀に建造。カメンカ川沿いの土塁が今も残っている。敷地内には13世紀建造のロジュジェストベンスキー聖堂をはじめ、鐘楼、宮殿、ニコーリスカヤ教会などがある。1992年に「ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。
に政府の重要機関が置かれたことから》ソビエト連邦政府またはロシア連邦政府のこと。