出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. けって遊ぶのに用いる鹿革製のまり。

  1. 古代以来、貴族の間で行われた屋外遊戯。数人が革沓 (かわぐつ) を履き、鹿革製の鞠を落とさないように、足の甲でけって受け渡しする。ふつう、鞠壺 (まりつぼ) または懸かりと称する、四隅に桜・柳・楓 (かえで) ・松を植えた庭で行われた。鎌倉時代ごろから体系化されて、飛鳥井 (あすかい) ・難波 (なんば) の両流派が栄えた。しゅうきく。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生活/その他]カテゴリの言葉