出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1565~1614]安土桃山時代の公卿。前久 (さきひさ) の子。初名、信基、のち信輔。号、三藐院 (さんみゃくいん) 。書にすぐれ、その書風は近衛流とよばれる。寛永の三筆の一人。日記「三藐院記」がある。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉