しで‐の‐やま【死出の山】 の意味

  1. 人が死後に行く冥途 (めいど) にあるという険しい山。
  • しで‐の‐やま【死出の山】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・来世の迷信から、その妻子・眷属にわかれて、ひとり死出の山、三途の川をさすらい行く心ぼそさをおそれるのもある。

      幸徳秋水「死刑の前」

    • ・・・ぐれば、天寿を全うして死ぬのでなく、即ち自然に老衰して死ぬのでなくして、病疾其他の原因から夭折し、当然享くべく味うべき生を、享け得ず味わい得ざるを恐るるのである、来世の迷信から其妻子・眷属に別れて独り死出の山、三途の川を漂泊い行く心細さを恐・・・

      幸徳秋水「死生」