• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

兆し(きざし)/兆候(ちょうこう)/前兆(ぜんちょう)/予兆(よちょう)

  1. [共通する意味]
      ★何かが起こることを予感させる現象。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔兆し〕
      ▽元気だった父親に老いの兆しが見える
      ▽最近の消費の低下は、景気後退の兆し
    • 〔兆候〕
      ▽近年低調だった映画界に復活の兆候が見えてきた
      ▽戦いは泥沼化する兆候を呈している
    • 〔前兆〕
      ▽なまずが暴れるのは、地震の前兆といわれる
      ▽不吉な時代の前兆
    • 〔予兆〕
      ▽何の予兆もなく突然大噴火が起こった
      ▽この柔らかな光は近づく春の予兆
  1. [使い分け]
    • 【1】いずれも、何かが起ころうとするしるしをいう。「兆し」「兆候」は、すでに起こり始めたできごとの一部がある現象として現れかかっていることをさす。一方、「前兆」「予兆」は、何かが起こる前にそれが起こるとわかるような別の現象をさす。
    • 【2】「兆し」「兆候」は、「兆しを感じる」のように、なんとなく感じとれるものも、また、それと指摘できる具体的な現象もさすのに対し、「前兆」「予兆」は、主に具体的な現象をさすのに使われる。
    • 【3】「兆し」は「萌し」、「兆候」は「徴候」と書くこともある。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

兆しの類語

  • 即座に明らかにならないものの知覚できる手がかり(何かが起きたはっきりと見える手がかりとして) の意
  • 何かを示すまたは暗示するのに役立つもの の意
  • Xに付随し、Xの存在のしるしと見なされるもの の意
  • 重大なことが起こることを示すと感じられる出来事 の意

兆候の類語

  • 即座に明らかにならないものの知覚できる手がかり(何かが起きたはっきりと見える手がかりとして) の意
  • 何かを示すまたは暗示するのに役立つもの の意
  • Xに付随し、Xの存在のしるしと見なされるもの の意
  • 量の間の関係を示す文字 の意
  • 注意を喚起する信号 の意
  • 重大なことが起こることを示すと感じられる出来事 の意

前兆の類語

  • 即座に明らかにならないものの知覚できる手がかり(何かが起きたはっきりと見える手がかりとして) の意
  • 何かを示すまたは暗示するのに役立つもの の意
  • Xに付随し、Xの存在のしるしと見なされるもの の意
  • 何かまたは誰かの接近に先行し、示す何か の意
  • 量の間の関係を示す文字 の意
  • 注意を喚起する信号 の意
  • 重大なことが起こることを示すと感じられる出来事 の意
  • 時間内に類似した何かに先行する事柄 の意

予兆の類語

  • 即座に明らかにならないものの知覚できる手がかり(何かが起きたはっきりと見える手がかりとして) の意
  • 重大なことが起こることを示すと感じられる出来事 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi