• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

暴行(ぼうこう)/愚行(ぐこう)/愚挙(ぐきょ)/非行(ひこう)/乱行(らんぎょう)/醜行(しゅうこう)/暴力(ぼうりょく)/狼藉(ろうぜき)

関連語
蛮行(ばんこう)
極道(ごくどう)
  1. [共通する意味]
      ★よくない行為。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔暴行〕スル
      ▽なぐる、けるの暴行を受けた
      暴行を働く
    • 〔愚行〕
      ▽こんなことで争うなんて、まさに愚行
      ▽懲(こ)りずに愚行を繰り返す
    • 〔愚挙〕
      ▽冷静さを欠いて愚挙に出る
      愚挙をあざ笑う
    • 〔非行〕
      ▽子供が非行に走る
      非行少年
    • 〔乱行〕
      ▽あの男は酔うと乱行に及ぶ
      ▽殿、御乱行
    • 〔醜行〕
      ▽破廉恥極まる醜行をはたらく
      醜行を暴露する
    • 〔暴力〕
      ▽彼はすぐに暴力をふるう
      暴力事件
    • 〔狼藉〕
      狼藉をはたらく
      狼藉(もの)
  1. [使い分け]
    • 【1】「暴行」は、乱暴な行為。
    • 【2】「愚行」「愚挙」は、おろかな行為をさす。「愚挙」のほうが文章語的。
    • 【3】「非行」は、道理や道徳にはずれた不正な行為。
    • 【4】「乱行」は、道に背いた乱暴な行為の意の文章語。「濫行」とも書く。
    • 【5】「醜行」は、みにくい行為の意の文章語。
    • 【6】「暴力」は、不当なしかたで使う腕力。力ずく。
    • 【7】「狼藉」は、無法な態度や行為を意味する文章語。
  1. [関連語]
    • (蛮行) 野蛮で、非人道的な行為。文章語。「憎むべき蛮行」
    • (極道) (名・形動)悪事を行うこと。また、放蕩(ほうとう)や道楽にふけることもいう。「極道の限りを尽くす」
  1. [参照]
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

暴行の類語

  • 女性の意思に反して性行為に屈しることを女性に強要することの犯罪 の意
  • 攻撃する行為 の意
  • 攻撃的行為(抵抗する人物に対して行うような) の意
  • 物理的または感情的にだれかを攻撃する の意
  • 彼らの意志に反してセックスをさせる(誰か) の意

愚行の類語

  • 愚かな、または無分別な行為 の意
  • 愚かな間違い の意

非行の類語

  • 道徳や法律に違反する行為 の意
  • 不正な、邪悪な、あるいは非道徳的な行為 の意
  • 未成年の法に反する反社会的犯罪行為 の意
  • 重罪よりは重大ではない犯罪 の意

乱行の類語

  • 攻撃的行為(抵抗する人物に対して行うような) の意

醜行の類語

  • 不正な、邪悪な、あるいは非道徳的な行為 の意

暴力の類語

  • 攻撃的行為(抵抗する人物に対して行うような) の意
  • 損害や破壊をもたらす騒然とした状態 の意

狼藉の類語

  • 混乱をまねく当惑の気持ち の意
  • 平和や公的秩序が混乱すること の意
  • 暴動を伴う混乱状態 の意
  • 損害や破壊をもたらす騒然とした状態 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi