• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

落花狼藉の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

物が散乱すること。また、女性に乱暴な行為に及ぶこと。▽「落花」は花が散って地面に落ちたもの。「狼藉」は無秩序に散らかったさま。おおかみが寝た跡は草が乱れていることから生まれた語。花びらが乱れ散った様子をいう。また、花を女性に見立てて、女性に乱暴をはたらく意をも表す。
出典
『和漢朗詠集わかんろうえいしゅう
句例
落花狼藉の振る舞い
用例
病舎や教育隊の二階建は既に聳そびえていない。落花狼藉、ぺしゃんこという言葉が最適の表現である。人影もなくて静寂、あたりは夕闇が迫ったように暗く、炊事場や病舎の方からは早くも黒煙が上っていた。<井伏鱒二・黒い雨>
類語
乱暴狼藉らんぼうろうぜき

落花狼藉の解説 - 学研 四字辞典熟語

①花が乱れて散っていくこと。また、物が散乱しているさま。②花を女性に見立てて、女性に乱暴をはたらくこと。
注記
「狼藉」は、狼が眠った跡をさし、草などが散乱して乱雑であること。
出典
『和漢朗詠集わかんろうえいしゅう
類語
杯盤狼藉はいばんろうぜき 乱暴狼藉らんぼうろうぜき

落花狼藉の解説 - 小学館 大辞泉

  1. 花がばらばらに散ること。転じて、物が乱雑に散らばっていること。

  1. 花を乱暴に散らすこと。転じて、女性や子供に乱暴をはたらくこと。「落花狼藉に及ぶ」

キーワード[散乱]の四字熟語

キーワード[暴力]の四字熟語