杯盤狼藉の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

酒宴で、あたり一面に杯や皿が散らかっていること。また、宴会の乱れたありさま。▽「杯盤」は、ここでは杯と皿のこと。「狼藉」は物が散乱すること。狼おおかみ下草を踏み荒らして寝る習性があることから。
出典
『史記しき
句例
杯盤狼藉のありさま
用例
電気灯が杯盤狼藉たる紫檀の食台の上に輝いているばかりで吉岡さんも江田さんも誰だれの姿も見えない。<永井荷風・腕くらべ>
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

杯盤狼藉の解説 - 学研 四字熟語辞典

酒宴のあとの杯やら皿やらが、乱雑に散らかっているさま。
注記
「杯盤」は、杯や皿。「狼藉」は、狼が草を踏み荒らして寝る習性があることから、物が散乱していること。
表記
「杯盤」は、「盃盤」とも書く。「藉」を「籍」と書きちがえない。
出典
『史記しき』淳于髠じゅんうこん

杯盤狼藉の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[ト・タル][文][形動タリ]酒宴が終わったあと、杯や皿鉢などが席上散乱しているさま。

[宴会]の四字熟語

[散乱]の四字熟語

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月