• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Achyutaraya Temple》インド南部、カルナータカ州の町ハンピにあるヒンズー教寺院。ビジャヤナガル朝時代盛期の16世紀前半に建立。ティルベンガラナータ寺院ともいう。二重の周壁に囲まれ、ゴープラム(塔門)の屋根や祠堂の列柱などに浮き彫りが施される。後期ドラビダ様式の先例として知られる。1986年に「ハンピの建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。