ザリガニ科のエビ。体長約10センチ、赤褐色。大きなはさみ脚をもつ。昭和5年(1930)米国から食用ガエルのえさにするために輸入されたものが水田や川にすみつき、農作物や水生動物に害を与えるようになった。えびがに。