• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ハンガリー北西部の町。ドイツ語名エーデンブルク。オーストリアとの国境近くに位置する。古代ローマ時代よりスクラバンティアとよばれ、交通の要衝として栄えた。オスマン帝国に攻撃されなかったため、他のオスマン帝国領から移住者が集まり発展。17世紀に大火に見舞われたが、のちにバロック様式で再建された建造物が数多く残っている。ケークフランコシュという赤ワインの産地として有名。作曲家フランツ=リストの生地。