• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

アルジェリア北東部にある古代ローマ時代の都市遺跡。古代名タムガディ。首都アルジェの南東約340キロメートル、オーレス山地の高原地帯に位置する。1世紀末ごろ、ローマ帝国のトラヤヌス帝が造らせた計画都市で、碁盤目状の36の区画に整備されている。8世紀の大地震により埋没。砂に埋もれていたことから保存状態がよく、神殿・凱旋門・劇場・上下水道施設などの遺構が残り、「アフリカのポンペイ」ともよばれる。1982年、世界遺産(文化遺産)に登録された。ティムガード。