• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Tiwanaku》ボリビア西部にある古代遺跡。ラパスの西約60キロメートル、チチカカ湖の南に位置する。先インカ期の紀元後500年頃から900年頃に盛期を迎えたティワナク文化の時代のもので、石を積んだピラミッド状の神殿や、門・半地下の広場・住居などの遺構があり、優れた石造技術をもっていたと考えられている。博物館を併設し、人骨・土器・青銅製品などを展示。2000年に世界遺産(文化遺産)に登録された。ティアワナコ遺跡。