• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Vaikunta Perumal Temple》インド南部、タミルナドゥ州の都市カンチプラムにあるヒンズー教寺院。パラッバ朝時代の8世紀に建立され、チョーラ朝およびビジャヤナガル朝時代に増改築されたと考えられている。ビシュヌ神を祭る。初期ドラビダ様式の寺院建築として知られ、壁面には神話や王朝の歴史にまつわる浮き彫りが施されている。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉