• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ボルツマンが導入した普遍定数の一。気体定数アボガドロ定数で割った値。1.380649×1023J・K1 分子運動エネルギー絶対温度との関係を示す尺度と考えられ、エントロピーの式の比例定数でもある。記号k

[補説]2019年5月20日に施行された国際単位系(SI)の改定において、ボルツマン定数は不確かさのない物理定数となり、絶対温度の単位であるケルビンの定義に用いられる。