《Potala 観音菩薩の住む補陀落山 (ふだらくせん) の意から》チベット、ラサ市北西のマルポリ(赤い山)の上にあるダライ=ラマの宮殿。17世紀中ごろ第5代ダライ=ラマによって建設され、以後、宗教・政治の中心となった。1994年、世界遺産(文化遺産)に登録。以降、「ラサのポタラ宮歴史地区」として、付近のジョカン寺が2000年に、離宮ノルブリンカが2001年に追加登録された。