• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「法華経」譬喩品 (ひゆぼん) の「三界安きこと無し、猶 (なお) 火宅の如 (ごと) し」から》迷いと苦しみに満ちた世界を、火に包まれた家にたとえた語。三界の火宅。