沖縄諸島の西端にある火山島。古くは球美 (くみ) ともいわれ、中国との交易の中心地であった。キクザトサワヘビやクメジマボタルなど島固有の水生生物が生息する渓流一帯は、平成20年(2008)ラムサール条約に登録された。