• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

尾崎士郎の長編小説。昭和8年(1933)に「青春篇」を発表、以後「愛欲篇」ほか6篇を同34年までに発表。義理人情に厚く侠気 (きょうき) のある青年、青成瓢吉 (あおなりひょうきち) の歩む人生遍歴を描く。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉