• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
伊勢地方の木遣 (きや) り歌から発生した民謡。土搗 (どづ) き歌・祝儀歌・道中歌・踊り歌などの総称。近世の伊勢参宮の流行とともに全国に広まった。川崎音頭。
享保年間(1716~1736)、伊勢の御師 (おし) 奥山桃雲が始めた長唄風の踊り歌。古市 (ふるいち) の遊里で伊勢踊りに合わせてうたわれた。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉