• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「御祈り師」の意》

  1. 特定の社寺に属し、信者のために祈祷 (きとう) を行い、参詣のために宿泊・案内などの世話をする下級の神職。伊勢神宮のものが有名。おんし。

  1. 祈祷を専門にする神職や僧。

    1. 「この―は、まだ深からねばにや、西の間に遠かりけるを」〈・玉鬘〉