• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狂言。佐渡越後の百姓が、年貢上納の途中に道連れとなり、佐渡に狐がいるかいないかの口論から帯刀をかけての争いになる。