[名・形動]

  1. 細かいところまで念を入れて手落ちのないこと。また、そのさま。丹念。「克明な記録」

  1. まじめで正直なこと。また、そのさま。実直。

    1. 「姉は世間でいう義理を―に守り過ぎる女であった」〈漱石道草

[派生]こくめいさ[名]

出典:青空文庫