• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
大きな曲玉。一説に、多くの玉を長い緒に貫き輪にしたもの。上代、身につけて飾りとした。
    1. 「此の神、奉迎 (むかへまつ) りて瑞 (みづ) の―を進以 (たてまつ) る」〈神代紀・上〉

三種の神器の一。天照大神 (あまてらすおおみかみ) 岩戸隠れをしたとき、神々が立てた真榊 (まさかき) につけて飾ったという曲玉。神璽 (しんじ) 。