[動ラ五(四)]

  1. 光や音などが非常にくっきりとあざやかである。「月の—・る夜」

  1. 春になっていったん緩んだ寒さがまたぶり返す。 春》「一本の薄紅梅に—・る/虚子

    1. 「きのうから寒くなった。…—・るなどという時節でもないに」〈漱石・琴のそら音〉

  1. 頭の働きが、非常によくなる。「酔いがさめて頭が—・る」

  1. いったん衰えたものが、また盛んになる。

    1. 「どうかした工合で、その話が—・り」〈万太郎・続末枯〉

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。