• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

もと肥前国名護屋で作られた丸打ちの帯。両端に房をつけ、腰に幾重にも巻き、後ろまたは脇で両わなに結び下げる。桃山時代から江戸初期に、男女ともに用いた。名護屋打ち。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉