[動カ五(四)]

    1. ㋐(吹く)空気が流れ動く。風が起こる。風が通ってゆく。「そよ風が—・く」

    2. 内部から水や蒸気などが勢いよくとび出す。ふき出す。「血が—・く」「鍋 (なべ) が—・く」

    3. ㋒今まで見えなかったものが外や表面に現れ出る。「新芽が—・く」「粉が—・いた干し柿」

    4. 相場が上がる。「小豆相場が—・く」

    1. ㋐(吹く)口をすぼめて、強く息を出す。また、そのようにして物に当てる。「風車 (かざぐるま) を—・いて回す」

    2. ㋑細い口から勢いよく出す。ほとばしり出す。「銃が火を—・く」「エンジンが白煙を—・く」

    3. ㋒息と一緒に口から出す。「タバコの煙を—・く」

    4. ㋓(吹く)出す息で音をたてる。「口笛を—・く」

    5. ㋔今まで見えなかったものを外や表面に現し出す。「柳が芽を—・く」「緑青を—・いた銅像

    6. ㋕(吹く)出まかせや大げさなことを言う。「ほらを—・く」

    7. ㋖(吹く)鉱石を溶かして金属分離させる。精錬する。「銅を—・く」

    8. ㋗(吹く)鋳造する。「鐘を—・く」

  1. 息をする。〈名義抄

[補説](1) 風が吹きわたるときの音、または口をすぼめて息を出すときの音がもとになってできた語という。(2) 1㋒と2㋔とは、結果は同じ状態意味するが、2㋔は内部からの力や勢いがそのような状態にするという観点に基づくもの。(3) 2㋕は「また、調子に乗ってふいている」のように自動詞的にも用いる。
[可能]ふける

出典:gooニュース

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。