• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

漫画や映画などの結末において、それ以前のストーリー全体が主人公などの夢の中での出来事だったと判明すること。また、その手法。→邯鄲の枕

[補説]読者・観客が味わった感動や感情移入が空虚なものに感じられるところから、この手法は一般的に評価が低い。

[文学/その他の文学の言葉]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇・映画の言葉]カテゴリの言葉