[名・形動]いかにも本当らしく見せかけること。また、そのさまや、そのもの。いんちき。「如何様をやる」「如何様ばくち」
    1. 「随分―な人物だと」〈宙外・独行〉

[副]
  1. 自分の考えがまちがっていないはずだ、という気持ちを表す。確かに。本当に。

    1. 「―思い返して見れば、二度とああ云う蘭 (ろう) たけた人に出遇えるかどうか分からないけれども」〈谷崎・少将滋幹の母〉

  1. どんな事情があっても事を成し遂げたいという、強い意志を表す。何としてでも。ぜひとも。

    1. 「―取りて帰り、古き人にも見せ、家の宝となさばや」〈謡・羽衣

[形動ナリ]事物の状態や方法などについて疑問があるさま。どのよう。どんな。
    1. 「我―なるわざをせんと、涙を流しつつおぼしわぶるに」〈浜松・一〉

[感]相手の言ったことを肯定するときに発する語。なるほど。
    1. 「―、…定めて汝が行くであらう」〈虎寛狂・素襖落

出典:青空文庫