• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「うじのはしびめ」とも》

京都府宇治市宇治橋の西詰めにある橋姫神社の祭神とされる女神。宇治橋を守る神で、住吉大明神が夜ごと通ったという伝説がある。
嵯峨天皇の代、嫉妬 (しっと) のあまり宇治川に身を投じて鬼となり、京中の男女を食い殺したという女。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉