• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 神社に仕え、祭祀 (さいし) ・造営・庶務などをつかさどる者の長。

  1. 戦前の神官・神職の職階の一。明治4年(1871)の神官職員規則では、神宮および官・国幣社だけに用いられた職名。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

出典:gooニュース