[動カ上一][文]つ・く[カ上二]
  1. 次第に減って、とうとうなくなる。「万策―・きる」「気力が―・きた」

  1. 続いていたものが終わる。途絶える。「寿命が―・きる」「道が―・きる」「名残が―・きない」

  1. (「…につきる」の形で)

    1. ㋐それですべてが言いつくされる。その極に達する。…にきわまる。「感服の一言に―・きる」「教師冥利に―・きる」

    2. ㋑最後までその状態のままである。…に終始する。「年寄りの話はぐちに―・きた」

出典:青空文庫