• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

名物切の一。金襴 (きんらん) で、もと嵯峨清涼寺の戸帳に用いられていたため、この名で呼ばれたという。藍色地に桐 (きり) ・唐草文のものと、緋色地で雲に宝尽くしのものとがある。