(梵)Śakra-devānam-Indraの訳》梵天 (ぼんてん) と並び称される仏法守護の主神。十二天の一つで、東方を守る。忉利天 (とうりてん) の主で、須弥山 (しゅみせん) 上の喜見城に住むとされる。ヒンズー教インドラ神が仏教に取り入れられたものという。