• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

堀田善衛の短編小説。昭和26年(1951)発表。朝鮮動乱を背景に、歴史のうねりの中で苦悩する知識人の姿を描く。同年、「漢奸」とあわせ第26回芥川賞受賞。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉