1. 仏語。衆生を導いて悟りの道に入らせること。

  1. 葬儀の際に導師が棺の前に立ち、死者が悟りを得るように法語を唱えること。また、その法語。

  1. 先に立って導くこと。

    1. 「―の山伏に、いかなる御座敷候ふぞと問へば」〈太平記・二七〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫